【仮想通貨】TRON(トロン)とは?特徴&取引所を紹介【TRX】

通貨名称 TRON(トロン)
ティッカー TRX
最大供給量:100,000,000,000

ホームページ https://tron.network/en.html
ホワイトペーパー https://dn-peiwo-web.qbox.me/Tron-Whitepaper-1031-V18-EN.pdf
チャート https://www.binance.com/trade.html?symbol=TRX_BTC

TRONとは?

トロン(TRON)はブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指すブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。このプロトコルは各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、分散された自律的な形態でコンテンツの配信、購読およびプッシュを決定し、デジタル資産をリリース、流通および処理します。

トロンのチームメンバーは、発明の瞬間からの議定書が小グループの利益を上げるツールではなく、人間にとっての資産であると確信しているTim Berners-Leeによるメンバーです。トロンの開発チームをサポートし、オープン性、公平性、透明性の原則でトロンネットワークを運用することを主な目的とする非営利団体であるシンガポールのTron Foundationを設立しました。

トロン財団は、会計および企業規制当局(ACRA – Accounting and Corporate Regulatory Authority)の承認を得て、シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されています。これは、独立行政法人から独立した独立した経営と運営のために、適格受託者によって形成された理事会または理事会によって運営されています。

シンガポールに設立された非営利団体であるトロン財団は、シンガポールの法律に基づき、公的または私的利益のための活動を支援し、関与する商業的利益を持たない法人です。財団が取得した利益は余剰とみなされ、他の活動やイベントの組織と実施のために保持されます。財団のメンバーは、利益の分配に決して参加しません。1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appは、最初のトロン互換エンターテインメントAPPになります。

 

TRONの特徴

以下トロンのロードマップです。

エクソダス

ピアツーピアおよび分散コンテンツに基づいたアップロード、保存、および配布の仕組みを作り出します。Exodusフェーズでは、分散ストレージテクノロジに基づいて、トロンはデータの発行、格納および配布のための完全に自由で信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。

オデッセイ

経済的インセンティブ、エンパワーメント、コンテンツエコロジー、ブロックチェーン技術は、コンテンツ制作、流通、普及のための公正なリターンで、完全に競争力のある経済メカニズムを作り出します。したがって、個人は奨励することができ、コンテンツに権限が与えられ、システムの境界が絶えず拡張されます。

グレートヴォヤージュ

トロンは、ブロックチェーンの利点を基に、所得の測定、配当の支払い、サポーターの管理の3つの主要な問題を解決し、ファン経済からファンファンドへの大きな転換を実現します。

アポロ

トロンシステムの各コンテンツプロデューサが独自のトークンを発行できるという目標を達成するためには、システムには集中化されていない取引のための完全なソリューションが必要です。集中化されていない取引プラットフォームを確立することにより、システムの価値、財産権およびリスクを自由に交換し交換することができ、システム全体の経済的活力を幾何学的倍数で高めることができます。

スタートレック

2014年に世界のゲーム市場の規模は4,500億ドルを超えました。トロンコンテンツプラットフォームによってもたらされるトラフィックは、非集中化のためのオンラインゲームプラットフォームを構築することを可能にします。開発者は、トロンを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築し、完全に自律的なゲームを提供し、市場機能を予測することができます。

エターニティ

2016年には、グローバルビデオゲーム市場が96億6000万ドルに達し、そのうちの電話ゲーム市場の規模は46億ドルで42%でした。トロンは、オンラインゲームプラットフォームを確立する可能性を提供します。開発者はトロンを通じてゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲーム開発のための群衆資金を獲得し、共通投資家がゲームに投資することを可能にします。

2017年8月〜2018年12月は第1段階であるExdusのフェーズ、
2019年1月〜2020年6月までがOdyssey、
2020年7月〜2021年7月までがGreat Voyage、
2021年8月〜2023年3月までがApollo、
2023年4月〜2025年9月までがStar Trek、
2025年9月〜2027年9月までがEternity

 

TRONの取り扱い取引所

TRONは海外取引所Binance(バイナンス)、HitBTC、Yobitで取引をすることができます。

Binance公式サイト→https://www.binance.com/
HitBTC公式サイト→https://hitbtc.com/
Yobit公式サイト→https://yobit.io/

 

管理人の感想

最近ホワイトペーパーの盗用で暴落した人気通貨のトロン。要はブロックチェーン技術と分散型のストレージテクノロジーを使ってコンテンツ開発やその配布、データの保存や売買などができるようにしますよーみたいな感じでそのコンテンツの購入などにTRXを使用できるようになるみたいですね。

データやコンテンツをオープンソース化したりできるみたいなのですでにPeiwoなどのSNSにも採用が決定していたりしていますがこれはCEOのジャスティン氏がもうすでに色々な事業で大成功しその人脈などを見る限り実現出来る可能性を高く感じさせてくれますね。これは管理人の考えですがやはりリーダーがすでにビジネスを他で大きく成功させていることは長期でもつ銘柄にはすごく重要な材料だと思います。

理由としてはまずすでに資金があることで詐欺的な可能性を減らせること。次に実際のビジネスには大きなコネクションが必要なこと。なので既にそれを持っていることで実現の可能性がグンと上がると思います。他にも優秀な人材が集まるなどたくさんの理由があります。なので管理人は長期で持つ場合にはここを非常に重要視しております。

ロードマップを見てもわかる通りかなり壮大で長期にわたる計画になりますので焦らずゆっくりとこういう銘柄は拾っていきたいですね。中国の新たなインフラになる可能性も大いにあるかもしれませんね

管理人的おススメ度
★★★★☆ ただしかなりの長期目線で

オススメ仮想通貨取引所 ベスト2

   coincheck    

13種類の仮想通貨を取り扱っている日本最大級の取引所です。ビットコインは0.001BTCから購入可能。セキュリティ面も安心で何といっても使いやすいです。仮想通貨を始めるならコインチェックがおすすめです。

コインチェックをはじめる

   bitFlyer    

テレビCMでもお馴染みの国内最大手の取引所です。メガバンクやリクルート、三井住友海上など有名企業が株主になっています。

ビットフライヤーをはじめる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。