【仮想通貨】Solaris(ソラリス)とは【草コイン】

通貨名称 Solaris(ソラリス)
ティッカー XLR
供給枚数 上限なし

ホームページ https://solariscoin.com/

チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/XLR-BTC

 

 

Solarisとは?

海外サイトから引っ張ってきてます。

分散型仮想通貨で、Solaris XLRは2017年3月18日に暗号侵害の世界に登場し、2017年10月7日にブロックチェーンがリニューアルされました。現在最も安定したXEVANアルゴリズムが登場しました。ここでは、与えられたアルゴリズムが、128ビットの拡張を特徴とするデュアルX17難易度アルゴリズムからなる全く独自の組み合わせを表すことをここで言及しなければならない。さらに、ブロック時間(60秒)があります。 Solarisは現時点で知られている他の多くの暗号化通信と同じではありません。その特質の中には、すべての取引を直ちに確認することを目的とする分散型統治システムがあります。 Solarisは高いレベルのプライバシーを保証し、XLRコイン取引は匿名で送信することができます。

Solaris XLRのしくみ

使用可能な財布には、Windows、Linux 64、MAC、Raspberry PI 32およびWEB Wallet用のものがあります。

 

Solarisの特徴

素早いブロック時間

solarisはすでに60秒という非常に高速なブロック生成時間を提供しています。しかし、加えてsolarisユーザはSwiftTXと呼ばれる仕組みを使用する事が可能な為、トランザクションを瞬時に行うことができ、すぐにコインを使用できるようになります。

高いプライバシーと安全性

Solarisは最初の匿名仮想通貨を確立することを目指しています。Zerocoinプロトコルをフルタイムトランザクションプロトコルとして使用予定で、これが実現すると、トランザクションの履歴などの詳細をZerocoinプロトコルにより隠す事が可能になり、トランザクション等の追跡が大変困難になる為、プライバシーが確保できるようになります。
またBitcoin Core 0.10.xで構築されており、DERと呼ばれる公開鍵のみのエンコードだけが使用可能等、安全性が高いとされています。

ASIC(特定用途向け集積回路)からのマイニングを防ぐ

Solarisは、XEVANをマイニングとスポークアルゴリズムとして使用します。このアルゴリズムは当初Bitsend(BSD)によって発見されたアルゴリズムで、ASICマイニングハードウェアから保護することが証明されています。
ASIC(特定用途向け集積回路)とは:仮想通貨のブロックを効率よく計算できるようにカスタムされて作られた集積回路でマイニングのスピードを急速に上げてしまいます。これによりマイニングコストが上がるとマイナーの数が減る可能性があり、仮想通貨の開発者は特定のマイナーにより急速にマイニングできるASICのシステムから仮想通貨を守れるよう試行錯誤しています。

マスターノード

SolarisはMasternodesを使用しています。Masternodesは、Solaris Walletを実行し、SwiftTXによるトランザクションのロックや、コイン難読化の調整を行ったり、予算の調達の決定を下すコンピュータで、1000 XLRの担保を持っており、1時間以上のコネクションロスなしに24時間稼働することができます。

 

Solarisの取り扱い取引所

Solarisは海外取引所KuCoin(クーコイン)で取引をすることができます。

Kucoin公式サイト→https://www.kucoin.com/

 

管理人の感想

出ました。ほぼ情報がない完全匿名コイン。
サイトを見てもうーんって感じでおバカな管理人には何が何か謎なのですが、完全に匿名性を持ったコインで追跡などもほぼ不可のようですね。また、コインの生産に上限がないみたいなのでこれを使用するメリットは悪いことにしかイメージが付きませんww
すいません馬鹿で。

ただこのような一見価値がわからないようなものは投機の対象になったり様々な用途への凡庸性はあると思いますので一概に悪いとも思いません。ただ逆張りは管理人的にはおススメしません。あくまでも草コインが盛り上がってる時の投機的な感じでとらえてます。

管理人的おススメ度
★★★★☆ 星4つ

 


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。