【仮想通貨】RaiBlocks(ライブロックス)とは【草コイン】

通貨名 RaiBlocks(ライブロックス)
ティッカー XRB
供給量 133,248,290 XRB

ホームページ https://raiblocks.net/

ホワイトペーパー https://raiblocks.net/media/RaiBlocks_Whitepaper.pdf

チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/XRB-BTC

 

RaiBlocksとは?

RaiBlocks(ライブロックス)は、取引手数料無料(ゼロFee)と、スケーラブルで高速なトランザクションの実現を念頭に置いて設計されています。

仮想通貨エコシステムに必要なものが1つあれば、これは適切なスケーリングソリューションです。伝統的な(VISAなどの)ソリューションと競争するために必要なトランザクションの数を首尾よく処理できる通貨は今のところありません。そのような状況はすぐには変わることはありませんが、現在さまざまなアプローチで解決策に対する興味深い開発が行われています。そうした中の一つにRaiBlocks(ライブロックス)があります。

Raiblocks(XRB)は、オープンソースのプログラミングベンチャーであり、ネイティブなトークンをブロックチェーンに抱える仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトでもあります。RaiBlocksは即座の取引確認を特色とし、エネルギー占有量が非常に少なくなるように設計されています。要するに素早いトランザクションが可能になります。

 

RaiBlocksの特徴

Zero Fees(手数料なし)

プロトコル(処理内容)は信じられないほど軽量です。そのためノードのコスト自体が存在せず、RaiBlocks取引は手数料なしで処理されます。1つのトランザクションは1つのUDPパケットに収まり、トランザクションは単体で処理されるため、ブロックサイズの問題は発生しません。

瞬間的な取引(トランザクション)速度

Walletは、トランザクションが送信されると、次のトランザクションのために迷惑メール対策用Proof of Workをプリキャッシュ(事前キャッシュ)して、瞬時に取引を行います。進行中のトランザクションの場合、遅延が発生する可能性がありますが、これはトランザクションスパムを防止することを意図しています。

Scalability(スケーラビリティ)

トランザクション・ルックアップは、データセット・サイズの対数でツリー状構造のログNO、またはハッシュ表に基づく場合はO 1のスケールでスケールします。これがどのようにスケールされるかを知るために、1,000のエントリを持つ単純なバイナリツリーの場合、10回のルックアップが必要です。1,000,000件のエントリでは20件、10億件になります。プルーニングされたノードは、各アカウントチェーンの最新のブロックを保持するだけで、ルックアップ時間とシステムリソースをさらに削減できます。

 

RaiBlocksの取り扱い取引所

RaiBlocksは海外取引所KuCoin(クーコイン)で取引をすることができます。

Kucoin公式サイト→https://www.kucoin.com/

 

管理人の感想

えー全くわかりませんwwww
かろうじてわかるのが凄く軽量な処理のため今現在問題となってるビットコインなどの送金つまりなどを解決できるということですかね。公式の発表では瞬時に送金できるという感じみたいです。

あとは手数料がゼロでいけるのも大きな利点ですね。ただ管理人にはあまりにも難解すぎて自分のわからないものには長期投資しないと決めているのでテクニカルのみの短期トレードのみになると思います。

あとこのサービスが本当に利用されるかなどの不明点も多く課題もたくさんあると思います。まあわからないものだからここまで上がるのでしょうが。全くうまく説明できなくてすいません。

管理人的おススメ度
★★☆☆☆ 星2つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。