【仮想通貨】Power Ledger(パワーレジャー)とは【草コイン】

通貨名称 Power Ledger(パワーレジャー)
ティッカー POWR
最大供給量 1,000,000,000

ホームページ https://powerledger.io/
ホワイトペーパー https://powerledger.io/media/Power-Ledger-Whitepaper-v3.pdf
チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/POWR-BTC
動画 https://youtu.be/jMqMRs34_u8

 

 

Power Ledgerとは?

パワーレジャー(Power Ledger)はブロックチェーンベースのピアツーピアのエネルギー取引プラットフォームで、消費者や企業は余剰の太陽光を仲介者なしで近隣の人に売ることができます。
パワーレジャーシステムは、すべての取引参加者の発生と消費を追跡し、あらかじめ決められた条件でほぼリアルタイムでエネルギー取引を決済します。
ユーザーはアプリケーションホストから登録メールを受信するだけでユーザーIDとパスワードを作成し、パワーレジャープラットフォームにリンクします。
これは、一度ログインすれば、電力使用量とすべてのP2P取引の詳細を見ることができます。今までは、電力会社が水力や火力、原子力などで電力を生み出し、送配電システムを使って電力を流し、小売企業が電力を販売するという平面的なビジネスを展開していました。
そこで、Power Legerはブロックチェーン技術を用いたプラットフォームを作り出すことで、消費者などが電力プールに直接アクセスすることを可能とし、様々なアプリケーションを用いて、電力をめぐるトリレンマを解決しようとしています。
このPower Ledgerを利用することによるメリットは、以下になります。

  • 太陽光発電や蓄電の経済性の改善
  • 複数のテナントが入った物件での分割報酬の問題の解決
  • 利用増加によるネットワーク資産の価値向上
  • 低コストな再生可能エネルギーへのアクセスを簡便化
  • 送配電での電力の消耗の減少
  • コミュニティーが持つ電力源や蓄電機器へのプラットフォームの提供

 

Power Ledgerの特徴

Power Ledgerのプラットフォームは、信用を必要としない、透明で相互運用が可能な、エネルギーの取引プラットフォームです。これは、交換可能で摩擦を生まないエネルギーの取引トークン、The Power Ledger Token(POWR)を活用して、既存のエネルギーアプリケーションをサポートしていきます。
POWRは、Power Ledgerのプラットフォームの燃料となるものです。
Power Ledgerのプラットフォームには、様々なアプリケーションクラスが組み込まれています。

P2Pトレーディング

このアプリケーションでは、小売業者に、消費者が相互に電力を交換できる権限を与える資格や、自動化された信用の必要ない調整/決済システムからリアルタイムで支払いを受ける資格を提供します。
また、どのクリーンエルギーにするか選択できたり、隣家と取引をしたり、余剰電力の販売ができたりとすぐに享受可能な利点を持ち、ブロックチェーンに基づいたトレードの透明性や電力料金の低コスト化に導く低い決済コスト、分散された再生可能エネルギーによる投資効率の改善から利益を得ることができます。

NEOリテーラー

このアプリケーションでは、消費者の供給リスクを管理しながら、即時の報酬と決済に沿ってNEOのリテーラーに利便性の高い受給管理を提供します。

マイクログリッドを組み込んだネットワーク管理

このアプリケーションにより、これまでに無い精度での電力の計量、ビッグデータ収集、素早いマイクロトランザクション、グリッドマネジメントが可能になります。
ネットワークに埋め込まれた取引は、世代間のエネルギー所有とエネルギー消費の関係を壊します。これは、投資家が不在であったり、自ら生み出したエネルギーを全て消費しなかったとしても、分散型エネルギーへの投資によって利益が得られるということを意味します。

卸市場向けの決済

卸市場向けの早くかつ低コストで透明性のある送配電の最適化、管理、データ集約、調整、決済サービスを提供します。

自律した資産管理

このアプリケーションによって、再生可能エネルギー資産の共同所有、再生可能エネルギー資産の取引を可能とします。電力の売買や収入を分散化することもできます。

分散型マーケット管理

このアプリケーションでは、最適化された計量データ、ビッグデータの収集、資産へのアクセスや送配電の権利、素早い取引決済、ネットワーク負荷の分散、頻度管理、需要サイドへの対応、不可管理といった機能を提供します。ネットワーク資産の最適化は、資産所有者へのリアルタイムでの報酬によって可能となります。

電気自動車

電気自動車向けにリアルタイムでのデータ計測、データ収集、ユーザーの識別、迅速な取引決済を行えるようにします。

充電

EVなどのプラットフォームを経由し、仮想的なパイプラインやロードサイドアシストによって、このアプリケーションは自動化されます。また、自給自足を好むエネルギー消費者にエネルギー供給をメンテナンスするモバイル型の蓄電機を提供します。

炭素取引

組織に頼ることなく、デジタル資産を保証するために炭素トレーダー向けにスマートコントラクトを提供します。デジタル資産の保証には、変更できない分散型台帳テクノロジーを用い、透明性や検証性を有します。それは、規制当局への報告やカーボンクレジットや証明書の提出がなくなるよう、サポートします。

送配電取引

送配電ネットワークの管理の中で、リアルタイムでのデータ計測、ビッグデータの収集、資産へのアクセスや送配電の権利、迅速な取引決済、ネットワークの不可管理、非定常エネルギーへの対応などを行うことができます。

 

Power Ledgerの取り扱い取引所

Power Ledgerは海外取引所KuCoin(クーコイン)とBinance(バイナンス)で取引をすることができます。

Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

またまた難しい単語のオンパレード。単語を調べながら読んだ感じでは電気というのは電力会社から買って送られてくるもので、最近では太陽光発電も盛んになってきたので電力会社に買い取ってもらったり自己消費していますが、まだまだ買うばかりの一方通行取引だと。それを個人間で取引しなおかつデータ管理や決済などもビックデータで管理してくれる そんな感じですかね?

 

なかなか実現したらすげえと思います。消費者が買うところを選択できる幅が増えたら安くなったりしてうれしいですもんね。ただ技術的に優れてるのかわからない&他社もすでにやっているみたいなので実現してもシェア取るのに大変な気もします。

管理人のおススメ度
★★★☆☆ 星3つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。