【仮想通貨】Po.et(ポーエット)とは【草コイン】

通貨名称 Po.et(ポーエット)
ティッカー POE
供給量 3,141,592,653

ホームページ https://po.et/

ホワイトペーパー https://po.et/whitepaper.pdf

チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/POE-BTC

 

Po.etとは?

ロックチェーンの非財務的アプリケーションである存在証明(Proof of Existence)の新たなものです。ポーエットはビットコイン(Bitcoin)ブロックチェーン上にオープンプラットフォームを構築することにより、世界で最も確かなデジタルメディア資産の記録を作成することを目指しています。このレコードは、共有され、標準的で拡張可能なメタデータ形式を使用して、スマートで相互運用可能なメディアアプリケーションを構築するためのフレームワークになります。

ポーエットは、ブロックチェーン技術が金融アプリケーションのプラットフォームとして機能する不変かつ分散した会計帳簿を作成することによって金融業界に革命を起こしたのと同じ方法で、出版業界を変革させ、 集中メディアアプリケーションと分散メディアアプリケーションの両方に対応します。

私たちは、ブロックチェーン技術を活用して、金融取引、コラボレーション、共有の新しいモデルの基礎を築く際に、資産、分析、データの存在、完全性、帰属を保証します。

ポーエットは出版社、編集者、コンテンツ制作者の間で出版とデジタルメディア業界で価値と信頼を結ぶことを可能にします。

ロードマップはこちら
https://po.et/roadmap

 

Po.etの特徴

ブロックチェーンに基づいたハッシュとタイムスタンプは、反駁できない存在証明とデータの統合を保証します。Po.etには以下の6つの特徴があります。

1、透明性
ビットコインのブロックチェーンは、公的に十分、分散されています。いつでもどこでもアクセスすることができます。ブロックチェーンの出現により、発行者やクリエイターは、デジタル資産の源泉とそれぞれの派生データの統合について、初めて真に価値のある全体の枠組みを持つことができます。安全性
Po.etのデータは、世界の中で最も強力なコンピュータネットワークである、Bitcoinマイニングのネットワークによって、安全が保障されています。暗号署名は、データの統合やPo.etネットワーク上で交流する人々のアイデンティティを保証します。

2、分散化
Po.etネットワークは、いかなる企業、組織、公的機関によっても運営されていません。これにより、Po.etは、機能不全となる単一のポイントを持ちません。

3、柔軟性
Po.etを使いたいが、コンテンツを公表し、共有したくない場合、あなた自身のライセンス条項を作りたい場合、新しいスマートコントラクトを作りたい場合、Po.etを使うことで、この全てに対応できます。

4、オープンソース
誰でも自身のニーズを満たすように、Po.etを拡張したり、修正することができます。学術研究や文化を伝承する図書館、その他様々なことの未来を築きます。

5、検証性
これらにより、ブロックチェーンに基づいたハッシュとタイムスタンプは、反駁できない存在証明とデータの統合を保証することができます。

 

Po.etの取り扱い取引所

Po.etは海外取引所KuCoin(クーコイン)とBinance(バイナンス)で取引をすることができます。

Kucoin公式サイト→https://www.kucoin.com/
Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

うん!これもわかりやすくブロックチェーンとの相性もよさそうですね。自分で作った絵や音楽など様々なクリエイティブな資産を登録しておくと、不正に2次利用できないようになり、だれが使用したかも全て遡れる台帳のようなものですね。これは様々なアーティストさんたちにとって死活問題なことも多いでしょうし非常に心強いですよね。現状凄い上がってるのが不安要素ですがこういうすべての人に公平な権利を与えるプラットフォームは応援したくなりますね!

管理人的おススメ度
★★★★☆ 星4つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。