【仮想通貨】LaToken(LA)とは【草コイン】

通貨名称 LaToken(ラトークン)
ティッカー LA
上限発行量 1000000000

動画 https://youtu.be/ILZDld1dWs8
ホームページ https://sale.latoken.com/jp/whitepaper
ホワイトペーパー https://sale.latoken.com/jp/white-paper

 

LATokenとは?

トークン資産の発券および取引ためのブロック チェーン プラット フォームです。それにより、仮想資産所有者が実質の資産/資産価格とリンクするトーク ンへのアクセスを得ることによって、有価証券のポートフォリオを多様化させます。 LAToken を使用すると、トークン資産を作成し販売することによって資産価値の制限 を撤廃できます。その結果、仮想通貨を実体経済にリン クして広く使うことができます。

本プラットフォームは、資産の流動性と透明性を高め るだけでなく、取引コストも削減します。LAToken の 開示および法規則に準拠したサードパーティのトークン 資産の発券またはリスティングが可能なため、仮想資産所有者は複数の資産クラスにわた り適切価格の発見と多様化が実現できます。

LAT プラットフォームは既に運用されています。つまり、すでにトークン資産を発券し、 販売用にリストアップし、LAT プラットフォームで取引できるということです。株式 (例: Apple、Amazon、Tesla)、先物(石油、金、銀)と不動産の ETF の価格にリンクさ れているトークンは、すでに LAT プラットフォーム上で取引されています。

 

LATokenの特徴

LATokenは、資本へのアクセスを変え、実際の資産を暗号化して取引可能にすることで、クリプトカルトを実際の経済で広く使用できるようにします。
私たちは、伝統的なミドル・マンと「失敗するには大きすぎる」機関のコストを排除しながら、資本市場を分権化し、より透明で効率的かつ持続可能なものにします。
これにより、よりスマートな資本フローがもたらされ、世界の人々が社会の究極の利益のために最も生産的なアイデアを生き生きとさせることができます。
実在資産を暗号化した上で取引可能にし、暗号通貨を現実世界の経済でも広く用いることができるようにする。
暗号を介して実在資産を公開することで、暗号保持者はポートフォリオを多様化することができます。
またLATトークンにより、実在資産や美術品といったこれまで非流動性資産であった資産を簡単に取引できます。
資産所有者は資産の一部をLAT認証を受けた証券保管機関に販売します。
証券保管機関は資産価値にリンクされたアセットバックトークンを発行し、それを暗号通貨所有者に販売します。
暗号保持者はアセットバックのトークンを流通市場で販売できます。
資産所有者は指定された時間に資産トークンを買い戻すか証券保管機関がオークションで資産を売り、資産トークン所有者の間でトークン化を分配します。

 

トークンをアプリで

資産リンクの法的、技術的な有効性を保障し、P2Pの契約権利譲渡を保証する
各種の資産に合わせて調整されたトークン化プロトコル
LATプラットフォームと他の取引所でのP2P取引に対応
公開と未公開株、債権、商品、資金、不動産、芸術品にも向けた速やかな発売

 

LaTokenの取り扱い取引所

LaTokenは海外取引所KuCoin(クーコイン)で取引をすることができます。

公式サイト→https://www.kucoin.com/

 

管理人の感想

うん!これはわかりやすくていいですね。
要はすぐに今まではお金にならなかった研究や特許など今は価値があまりないものや不動産や絵など素人には正常な価値がわかりにくい流動性の低い財産を株やETF、先物など流動性の高いものとトレードすることで本来の価値を取り戻そうぜって感じですかね。

実際にアマゾンの株などと取引きされているようでこれからもロードマップをみた感じでは次々と進んでいくようです。海外では大人気のICOだったようで僕もこれは需要あるだろうなあと思います。日本でも遺産相続で不動産など大変ですもんね。

 

管理人的おススメ度
★★★★★ 星5つ

 


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。