KUCOINのトークン KCSとは?

名称KCS
発行枚数 2億KCS
動画 https://youtu.be/5NolXWUOalQ
ドルベース時価 17.58ドル
時価総額 1月13日16時現在 35億ドル強

チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/KCS-BTC

KCSコインとは?

KCSコインはKucoin(クーコイン)という取引所が発行している独自のトークンです。
もちろん、KCSコインはKucoin(クーコイン)でしか買えません。
総発行数は2億枚です。
このうち1億枚が市場流通しており
残りの1億枚は投資家などが保有しています。
KCSコインの特徴はKucoin(クーコイン)での取引手数料の50%を
KCSコインを保有している人に配当として還元されます。
簡単に言うとKCSコイン持っていれば配当金が毎日貰えるよって話です。
KCSコインはKucoin(クーコイン)という取引所が発行している独自のトークンです。
もちろん、KCSコインはKucoin(クーコイン)でしか買えません。
総発行数は2億枚です。
このうち1億枚が市場流通しており
残りの1億枚は投資家などが保有しています。

KCSコインの特徴はKucoin(クーコイン)での取引手数料の50%を
KCSコインを保有している人に配当として還元されます。
投資家が保有する3000万枚については2年間売却できないロックアップ期間が設けられており、創設者の7000万枚については4年間のロックアップ期間が設けられています。

KCSの特徴

四半期毎の買い戻し

KCSは、3ヶ月毎にKucoinの取引所で儲かった利益の10%を使って買い付け作業が行われます。
即ち市場に流通している1億枚について、Kucoin自体が一定量を買い付けていくので、市場に出回る仮想通貨の量が減るので価格が上がりやすいということがいえます。

保有することで配当が得られる
KCSを保有していると配当がKucoinから支払われます。
配当の原資はKucoinにおける取引手数料で、手数料利益の50%をKCS保有数に応じて毎日分配されます。

取引手数料の割引
Kucoinの取引手数料は0.1%となっています。
これはBINANCE(バイナンス)と同じですね。
バイナンスの場合、バイナンスが発行するBNBという仮想通貨トークンで手数料を支払うように設定することで、手数料率が50%オフの0.05%まで引き下げることが出来ます。
今後バイナンスのBNBによる手数料割引率が年々減少することになっていますが、これがBNBを購入する理由となっています。
それに対してKucoinの方はKCSを保有することで手数料を割引する仕組みとなっています。
割引率ですが、1000KCSあたり1%の手数料割引となっています。
これらのことから正直手数料割引は殆ど期待出来ません。

管理人の感想

KUCOINのトークンです。内容はBNBと似ているのですが違う点は持っている人に配当が出る事
ただし手数料は1パーから30パーオフにまでしかならず他の買戻しなどもBNBと似ています。
KUCOIN自体が今現在17000BTCほどが24時間で取引されてますので275億円ほどの売買代金です。
バイナンスのBTC建が25万以上の決済があることを考えると相対的には割高に感じます。
チャート的にも行き過ぎている気もしますので投資としてはBNBより勝っている点が少ないのでKUCOINで売買される方は必要ですが投資先としてはBNBよりは落ちてしまうのかなぁというのが
管理人の感想です。

管理人のおススメ度

★★☆☆☆ 星2つ


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。