【仮想通貨】IOTAとは?特徴&買える取引所を紹介

通貨名称 IOTA(アイオータ)
ティッカー IOTA
発行枚数上限 2700兆www

ホームページ https://iota.org/
ホワイトペーパー https://iota.org/IOTA_Whitepaper.pdf

チャート https://www.binance.com/trade.html?symbol=IOTA_BTC

IOTAとは?

IOTAのプロトコルでやり取りされる※IoTに最適化されている暗号通貨のことになります。

※『IoT』(Internet of things)というのは、モノをインターネットに接続しネットを介して現実世界のものを操作できるようにする取り組みのことを指します。

IoTの例は最近流行りの家電や自動運転なんかが分かりやすいと思います。これらはモノをインターネットに繋げて使っているためIoTの括りになります。IoTはモノとネットを繋げるため当たり前ですが、インターネットの料金が発生してしまうようなのですが、このIOTA(イオタ)を使うことによって無駄な手数料が全て必要なくなることで、ネット上の情報を常に獲得することが可能になるそうです。

他の仮想通貨の場合、銀行よりも手数料は格安ですが、ある程度の手数料は必ず発生しますが、IOTAという仮想通貨を使った場合には、その手数料が全て無料で送金を行うことができるのです。なぜこのように無料で使えるのかというと『Tangle』という仕組みがあるからです。

TangleというのはIoTデバイス間のデータ通信や記録を最適化するために開発された技術のことを指しています。メッシュ状の複雑なネットワークを利用しています。Tangleも従来の仮想通貨と同じように分散型システムを採用しているのですが、データの整合性を証明する承認者は取引をする者同士で良いため、承認作業がスムーズに行われます。IOTAはこのような独自のアルゴリズムを使用することでセキュリティ対策を行いつつも、リアルタイムの支払いを可能にしました。通信を効率化することで手数料が無料化が実現したのです。

また1つの取引を行う際にPoWという方法で承認を行い、不正や改ざんがないか確認しているため、セキュリティの問題も解決します。

 

IOTAの特徴

送金手数料が不要

IOTA(イオタ)の最大の特徴であり、次世代ブロックチェーンと期待される理由は送金手数料が不要な仕組みを実現する技術にあります。ビットコインを始め、ブロックチェーン技術を柱とする仮想通貨は、システムを支える「採掘者(マイナー)」の協力によって成り立っており、「採掘者(マイナー)」への報酬を必要とする仕組みであるため安全かつスピーディな取引には手数料が発生します。

一方、IOTA(イオタ)に関しては独自技術である「Tangle」を活用し、迅速で安全な送金を実現しています。「Tangle」は取引の当事者自体がビットコインでいう「採掘者(マイナー)」の役割を果たすことで手数料を不要にするアイデアがコンセプトになっています。

そのため、次世代ブロックチェーンと期待されていますが、実際にはブロックチェーンとは全く異なった仕組みの上で成り立っています。

IoTデバイス間での取引に最適化

IOTA(イオタ)のもうひとつの特徴は、その名前にもある通りIoTデバイスでの利用を想定した仕組みにあります。

従来のブロックチェーン技術では送金の度に手数料がかかるため、IoTデバイスなどでの高頻度で発信されるセンサーデータに連動した送金では莫大な手数料がかかってしまう課題がありました。

そこで登場したのがこのIOTA(イオタ)です。手数料が不要であることから、高頻度な取引を繰り返すIoTデバイスには最適であり、今後世の中のIoT化が進む中でそのセキュアなデータ送受信を支える根幹の技術となっていくでしょう。

 

IOTAの取り扱い取引所

IOTAは海外取引所Binance(バイナンス)で取引をすることができます。

Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

いやあこれすげえっすね。まず今株の世界でも話題になっているIOT。このIOTはもうすでにアマゾンのスピーカーなど出てますがこれからより一層色々なものがIOTになると思います。

そのIOTの課題が例えばなんでも無料でしたら問題ないですが有料のサービスの使用。これを一瞬だけ使いたいなぁってときはどんなものにもある程度あると思います。

例えば有料のアニメの一部だけ見たいとかアルバムのここだけ聞きたいとかですね。その際に発生する金額なんてほんと数円だと思います。ただそれにどんな通貨にも決済の手数料はかかりますので数円のために数百円払うみたいなことも起こりえます。

また機械同士でのやり取りで細かく取引が行われたりする場合も同様ですね。これをタングルを使用することで当事者だけが承認しあえばオッケーな感じになるので仲介する必要がなくなり手数料が0になる。

これすごいっすよね!提携を結んでる先も大手がずらり。そら時価総額凄いっすわって感じです。

ただ投資としては管理人的には期待値があるのかといえば?マークでしてもっともっと無名な草から探したい管理人的には残念ですが対象外になりそうです

管理人のおススメ度
★★☆☆☆ ただし内容はすごいっす

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。