【仮想通貨】ETHLend(LEND)とは【草コイン】

通貨名称 ETHLend(イーサレンド)
ティッカー LEND
供給数 1300000000

動画 https://youtu.be/B3HgBe5rmsU
ホームページ https://ethlend.io/en/
ホワイトペーパー https://github.com/ETHLend/Documentation/blob/master/ETHLendWhitePaper.md

 

ETHLendとは?

イーサリアムブロックチェーン・ネットワーク上の貸し出しプラットフォームです。スマートコントラクトと呼ばれるデジタル・トークンで抵当担保するためスマートコントラクトを設立する事でイーサリアムトークンを借りることができます。

 

銀行すらない発展途上国を中心に世界の誰からでもお金を借りることができるプラットフォームを作ることを目指しています。Ethereumブロックチェーン上で実行され、デジタルトークンを担保として使用する完全に分散されたピアツーピア融資スマート契約を提供します。

 

各ローンは、Ethereumブロックチェーンネットワーク上でスマートな契約を作成します。すべての機能が分散されています。これにより、ローンのセキュリティが強化されます。ローン返済はERC20トークンで保護されます。借り手がローンを返済しない場合、トークンは貸し手に移転されます。Ethereumネームサービスドメイン(.eth)は、担保として代わりに使用されます。

 

ローンは、ENSドメインに置かれた預金の100%を裏付けることができます。返済される各ETHは、借り手が0.1 ETHLendのネイティブクレジットトークン(CRE)を受け取ります。CREは、無担保ローン(担保なしで0.1 ETHを借りるための0.1 CRE資格)にアクセスするために使用することができます。

 

EthLendは、第3の選択肢として、自己主権型のアイデンティティベースの融資を提供するためのuPortを実装します。貸し手は、無担保ローンに資金を提供することにより、より高い利益にアクセスすることができます。ETHLendはKnow-Your-Customerポリシーを採用し、KYCプロセスを簡単かつ安全にします。貸し借りは容易でなければなりません。

 

ETHLendの特徴

ETHLend(LEND)による融資はスマートコントラクト(契約の自動化)技術を用いて行われます。まず融資の借り手が貸し出しの要求を出すと、スマートコントラクトが作成されます。そして借り手はスマートコントラクトに借りたい金額や金利、期間などを設定した後、融資に必要な担保となるトークンをスマートコントラクトに転送します。

 

以上の手順を踏むことで貸し手は好きな相手に自由に融資を行うことができます。また、設定された期間を過ぎても融資した金額が返金されなかった場合には、借り手の担保であるトークンが貸し手のアドレスに転送される仕組みになっています。

 

ETHLendでは無担保での融資も行うことができ、その場合は金利も通常より高く設定されるようです。ETHLendは、こういったプラットフォームを構築することで、現在のファイナンスシステムが抱えている問題を解決しようとしているようです。

 

ETHLendの取り扱い取引所

ETHLendは海外取引所KuCoin(クーコイン)とBinance(バイナンス)で取引をすることができます。

 

Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

レンディング事業ですね。
ここで管理人が注目したのは仕組みはほかにもたくさんあるのですが貸したお金が返ってこなかったら
トークンで返ってくるトークンの価値を誰が保証するのかな?という感じで色々ホームページ漁ってたのですがなかなかいい記事を見つけました。
トークンを金で保証する会社と提携することでトークンの価値を保証するというものです。

相手先の会社はこちらです
https://digix.global/

すでにテストは終わっているようでしてこれが実現すればすごくこの仕組み自体の実現性までも
保証するのかな?とは思いました。

管理人的おススメ度
★★★★☆ 星4つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。