【仮想通貨】Change(CAG)とは【草コイン】

通貨名称 Change(チェンジ)
ティッカー CAG
総発行数: 79,184,116

チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/CAG-BTC

ホームページ https://getchange.com/

ホワイトペーパー https://drive.google.com/file/d/0B4RKXcemFwwbNW5wVGtBMWM0c2s/view

 

Changeとは?

Change(チェンジ)は「暗号通貨のグローバル銀行を作る」ことを目標としており、具体的なプロジェクト内容は以下のような感じです。

・株式、保険商品、ローン、不動産などの異なる金融商品を一つのマーケットプレイスアプリでアクセス可能に
・操作が簡単でセキュリティーの優れたモバイルウォレット
・世界中のどこでも暗号通貨での支払いが可能な「Change Card」

また、CAGトークンには配当性があり、Changeのマーケットプレイスの収入の20%がマーケットプレス投資家とChangeコイン保有者で1:5の割合で分配される仕組みになっています。

「Changeカード」というデビットカードを発行して、Changeのウォレット内に暗号通貨を入れておけば、世界中の何処にいても、暗号通貨で決済できる世の中を作ろうとしています。
さらに、この「Changeカード」を使って、ビットコインなどの暗号通貨で支払いを行うと、支払い金額の0.05%のChangeコイン(通貨単位:CAG)を受け取ることができます。また、「Changeコイン」を使うと0.1%のキャッシュバック(チェンジコインバック)を受けられます!

changeのマーケットプレイスを通じて、ユーザーは、バラバラに存在する金融サービスにアクセスし、一括で管理することが可能になります。さらに、それぞれの金融サービスへのアクセスが確立しているため、資産を見直し調整する場合も、複雑な手続きを必要としません。また、ユーザーだけではなくフィンテック企業にも、地理的な制限なく金融商品を提供できるというメリットがあります。

 

Changeの特徴

Change (チェンジ)は、暗号化を中心としたグローバルな銀行です。変化の目標は、「世界各地の人々に革命的なサービスを提供する」ことです。金融セクターの国境をなくし、すべての市民が代替金融サービスにアクセスできるようにしたいと考えています。この銀行の生態系には、Change Coinの使用が関係します。

暗号化財布 – すべての主要な暗号化された通貨の保管、暗号化ポートフォリオの簡単な管理、同輩間の資金の簡単な移転、および他の機能を容易にする。

Change Card – 世界中のオンラインとオフラインの場所で暗号化通貨を使うことができる暗号デビットカード。

マーケットプレイス – 金融サービスのためのオールインワンプラットフォームです。ユーザーは、暗号化を利用して株式、P2Pローン、不動産に投資したり、旅行や自動車保険を購入したり、暗号化の融資を受けることができます。

エストニア政府のe-レジデンシー・イニシアチブにも変更が含まれています。e-Residencyは、ユーロ圏内でデジタルアイデンティティを提供します。これは、EU内に物理的に存在することなく、会社の設立、銀行口座の開設、税金の申告、書類の署名など​​に使用できます。

 

Changeの取り扱い取引所

Changeは海外取引所KuCoin(クーコイン)で取引をすることができます。

Kucoin公式サイト→https://www.kucoin.com/

 

管理人感想

暗号通貨の基本的な概念である国などの垣根を超えた銀行を作ること。同じくクレジットカードを作ること同じく様々な金融商品が一つのマーケットプレイスで売買できること。この3つが基本ですかね。めちゃんこ壮大なテーマですがwwww

ただ、すでに暗号通貨先進国のエストニアとは連携をとっていたり経営陣が大物がたくさんいたりしてもしかしたら本当にできるのかも?と感じさせてくれますね。またコインを持ってるとマーケットプレイスの収益の20パーが配当される点も加味したら長期で持つのも面白いかもしれません

 

管理人のおススメ度
★★★★☆ 星4つ

 


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。