【仮想通貨】Asch(アッシュ)とは?特徴&取引所を紹介【草コイン】

通貨名称 Asch(アッシュ)
ティッカー XAS
最大供給量 100000000

ホームページ https://www.asch.so/
ホワイトペーパー  https://www.asch.so/asch-whitepaper-en.pdf
チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/XAS-BTC

 

Aschとは?

アッシュ(Asch)はイーサリアム(Ethereum)のようなモデルに基づいています。
アッシュは開発言語としてJavaScriptを採用したり、トランザクションデータを格納するDBMSをサポートしているため、DAppの開発を行おうとしている従来のWebアプリケーション開発者や中小企業にとって非常に魅力的です。

開発者の生産性を向上させることができない限り、プラットフォーム全体のエコシステムは持続的に開発されないと考えています。

アッシュはオープンプラットフォームでもあり、ファイナンス、ドキュメントストレージ、コピーライトプルーフなどの特定の分野に限定されず、基本的で抽象的な一連のAPIを提供しています。加えて、アッシュシステムはコンセンサスメカニズムの一種であるDPOSアシストを利用して、ブロックフォークの確率と重複支払いのリスクを大幅に削減しました。

最も重要なのは、アッシュのサイドチェーンアプリケーションモードは、ブロックチェーンのインフレ問題を緩和するだけでなく、DAppをより弾力性を持たせ、特徴的にすることです。総合的にアッシュは、次世代の分散アプリケーションのインキュベーターになることができる、将来性のある低コストのワンストップソリューションです。

 

Aschの特徴

サイドチェーンアーキテクチャ

サイドチェーンを採用する利点は、データの独立性であり、データの膨張でメインチェーンに負担をかけることはありません。また、サイドチェーンを使用することで、ブロック間隔、取引手数料、報酬などのブロックチェーンパラメータをカスタマイズすることができます。

ビザンツのフォールトトレランス

アッシュシステムは、最大で1/3のノードに同時に障害が発生するのを許容することができます。大部分のデリゲートが協力的に不正行為を行ったり、広範囲のデリゲートがハッキングされたりするなど、トランザクションやブロックはロールバックされません。トランザクションの確認は非常に高速です。通常、2つの確認のみで基本的な安全要件を満たします。

安全なサンドボックス

各アッシュノードには複数のサイドチェーンサブシステムをインストールでき、アッシュノードの所有者はサイドチェーンの開発者を信頼する必要はありません。この目的を達成するためには、セキュリティメカニズムが必要です。アッシュによって提供されるサンドボックスメカニズムは、サイドチェーンコードが所有者の情報を盗み出したりサーバーに損傷を与えるのを防ぐことが出来ます。

DAppストア

開発者が提出したアプリケーションはメインチェーンに登録され、ユーザーはメインチェーンのウォレットでブラウズ、確認、使用することができます。アプリケーションは、代理人がダウンロードしてインストールするまで利用されないため、代理人は特定のメンテナンス料金を請求することができます。また、このアプリケーションの証人として取引手数料を徴収することもできます。

分散型投票

現在、ブロック生産の目撃者は、主なチェーンに組み込まれた投票システムによって生成されます。
アッシュシステムは証人の数に応じてネットワーク全体の分散化レベルを調整し、計算パワーアタックとマイニングプール集中化の問題を防ぐことができます。

デベロッパーフレンドリー

アッシュシステムは、開発者がアプリケーションを迅速に作成できる一連のアプリケーションテンプレートとSDKを提供します。従来のWebアプリケーション開発者は、開発言語としてnodejsをサポートし、ブロックチェーンのデータストレージとしてRDMSを使用することで、この手法を容易に把握することができます。

 

Aschの取り扱い取引所

Aschは海外取引所KuCoin(クーコイン)で取引をすることができます。
公式サイト→https://www.kucoin.com/

 

管理人の感想

ふむふむ。すべては理解できませんでしたがww
要は様々なカスタマイズできるサイドチェーンをたくさん作ることでメインチェーンに負担をかけず多種多様のサービスをメインチェーンで管理や実行出来ると。さらにサイドチェーンもセキュリティは万全でオリジナルの物を作成できる、こんな感じですかね?ww間違ってたらすいません。

IOTとの相性はすごくよさそうですね。IOTがいくら便利でも操作するものが個別だとしんどいし利便性ないですもんね。これをサイドチェーンで繋ぐことによりメインで一括管理できるようになるみたいですしこれは便利ですね。

テーマ的にもこれからの物に合いそうですがこのシステムが優位性あるのかどうなのか調べてみないとですね。アマゾンとかが作っちゃえば一発でやられそうな気もします。

管理人のおススメ度
★★★☆☆ 星3つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。