【仮想通貨】AION(アイオン)とは【草コイン】

通貨名称 AION(アイオン)
ティッカー AION
総発行数 465,934,587

ホームページ https://aion.network/
ホワイトペーパー https://aion.network/whitepapers.html
動画 https://youtu.be/pFkPiL-dtDY
チャート https://www.kucoin.com/#/trade.pro/AION-BTC

 

AIONとは?

以下ホワイトペーパ 和訳

ブロックチェーンの普及は、スケーラビリティ、プライバシー、および相互運用性の課題のため制限されていました。アイオンは、これらの問題を解決するために設計された最初のマルチティアブロックネットワークです。私たちの仮説の核心は、ユニークな業界内の独特のビジネス上の課題を解決するために、多くのブロックチェーンが作られるという考え方です。実際、インターネットワークは、カスタムチェーンのアーキテクチャをサポートするように設計されていますが、チェーン間の相互運用性は信頼できません。最初に公開された公開エンタープライズブロックチェーンのアソシエートネットワーク:Aion-1。 Aion-1は、セキュリティと公平で代表的な暗号経済的インセンティブの新しいパラダイムを導入した最先端の第3世代ブロックチェーンです。

Aionネットワークは
世界で初めての第3世代ブロックチェーン
デジタルインフラの未来

このように表現されています。
他の多くのブロックチェーン技術と同様に、Aionはスケーラブル(多くの処理を行う事が出来る)で、プライバシーが確保出来、安全で、相互運用性があると言われています

 

AIONの特徴

何百ものブロックチェーンプラットフォームが有りますが、これらのブロックチェーンは全く話し合う事はしません。「それは1980年代のPCに似ています」とAion Networkのホワイトペーパーでは説明されています。

将来ブロックチェーンの数は、数千または数百万の別々のブロックチェーンに成長すると予想されます。
これらのブロックチェーンが相互に作用する方法が必要です。

「将来、ブロックチェーンは、インターネットに似たハブアンドスポークモデルでデータと価値を統合します」

とホワイトペーパーでNucoのCEO Matthew Spoke氏は説明します。

これを念頭に置くと、アイオンの第3世代のブロックチェーンネットワークにより、公的機関と民間部門の組織では以下のような事が可能になります。

連合体:Aionのような第3世代のブロックチェーンは、Aion準拠のブロックチェーンとEthereumとの間でデータと価値を送信します。

スケール:これらのブロックチェーンは、高速トランザクション処理と全てのAionブロックチェーンへのデータ容量の増加をもたらします。

スポーク:他のブロックチェーンとの相互運用性を維持しながら、カスタマイズされた公的または私的ブロックチェーンを作成出来ますが、パブリッシャーはガバナンス、コンセンサスメカニズム、発行、及び参加を選択出来ます。

Aion Networkは、Aion-1と呼ばれる第3世代のブロックチェーンを中心に構築されています。アイオンネットワークは新しいブロックチェーンの作成、チェーン間ブリッジの収益化、ネットワーク全体の安全確保の為に使用されるトークンの使用にも準拠しています。

 

AIONの取り扱い取引所

AIONは海外取引所KuCoin(クーコイン)とBinance(バイナンス)で取引をすることができます。

Kucoin公式サイト→https://www.kucoin.com/
Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

ふむふむ 要はブロックチェーンは各々で運用されているために互換性がなく相互運用できるものもあるがそれはセキュリティーなどの問題が沢山あると。それをハブ役的な役目のAIONのネットワークを使用することで安全に早くカスタマイズも出来るようになりブロックチェーン同士が互換性を持ちながら利便性もよくなるすげえハブなんだZって感じですかね?

また実際同じような会社と連携しているニュースも見つけました

http://coinpost.jp/?p=9448

なるほどなるほど これは確かに必要なものだし大切ですね。
ただ時価総額なんかがでかすぎて管理人的にはうまみが感じないので短期のみになりますかね。もっともっと上がりそうなんがいいんや!!!!!(強欲)

管理人的おススメ度
★★★☆☆ 星3つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。