【仮想通貨】ADA(エイダ)とは?特徴&取引所を紹介【草コイン】

通貨名称 ADA(エイダ)
ティッカー ADA
発行 450億wwww

ホームページ https://www.cardanohub.org/ja/home-2/
ホワイトペーパー https://whycardano.com/jp/
チャート https://www.binance.com/trade.html?symbol=ADA_BTC
動画 https://youtu.be/Ja9D0kpksxw

 

ADAとは?

カルダノ(ADA)は、イーサリアム(ETH)の開発に携わったとされるチャールズ・ホスキンソン氏によって生み出された仮想通貨です。2016年10月に取引がスタートし、通貨単位は「ADA」、発行枚数の上限は450億枚となっています。

 

元々「Cardano(カルダノ)」というオンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームがあり、そこでの通貨が「ADA(エイダ)」でした。オンラインカジノでプレイヤーと胴元で不公正が生じないように、ブロックチェーンの非中央集権制を利用します。

 

30億人の財布を目指す仮想通貨

カルダノは「30億人の財布を作る」ことを目標に掲げています。
この”30億人”という数字は、国家によって身分が保証されていない人の人数であり、そのため銀行口座を持つことが出来ないのです。このように、そもそも自分の財布を持てない人が自身の資産を守る・貯蓄できるように出来ることを目指しています。

 

そして、この「30億人の財布を作る」手段としてカルダノが注目したのが”カジノ”でした。オンラインカジノを設立し、そこに財布を持たない人達が銀行口座のようにお金を入れていくイメージで「財布を作る」を実現しようと考えました。さらに、ADAはオンラインカジノを基点に幅広い決済機能を持たせようとしています。

 

ADAの特徴

このデジタル通貨は暗号化を使用して安全であることが保証された、迅速で直接的な転送を可能にします。カルダノは単なる暗号通貨だけではありませんが、今日世界中の個人、組織、政府が毎日使っている金融アプリケーションを実行できる技術プラットフォームです。

 

プラットフォームはレイヤーで構築されているため、システムをより簡単に保守し、ソフトフォークを使用してアップグレードすることができます。

 

ADAを実行する決済レイヤーが完成した後、将来の商取引およびビジネスを支えるデジタル法的契約であるスマートコントラクトを処理するために別のコンピューティングレイヤーが構築されます。

 

カルダノは分散アプリケーションや分散型アプリケーションを実行し、単一のパーティでは制御されず、代わりにブロックチェーン上で動作します。これは、科学哲学から開発されたブロックチェーンプロジェクトであり、世界の有力な学者と技術者チームによって設計され構築されたプロジェクトです。このテクノロジーは、何百万人ものユーザーが使用するために安全で柔軟性があり、スケーラブルであることが不可欠です。

 

その結果、その分野の有力な専門家の中には、かなりの考えと配慮がプロジェクトに費やされており、意思決定に役立っています。航空宇宙や銀行業務などのミッションクリティカルなシステムに適用される科学的厳密性は、高い保証実施を伴って、暗号化通信の分野にもたらされました。

 

カルダノの大きな革新は、ユーザーのニーズと規制当局のニーズとのバランスをとることであり、プライバシーを規制と組み合わせることです。カルダノのビジョンは、規制を受けたコンピューティングの新しいスタイルが、公正な金融サービスに誰もが自由にアクセスできるようにすることで、より大きな財政的な取り込みをもたらすことです。

 

ADAの取り扱い取引所

ADAは海外取引所Binance(バイナンス)で取引をすることができます。

Binance公式サイト→https://www.binance.com/

 

管理人の感想

すばらしい理念です。カジノを銀行にする感じで自由に出金送金できる感じにするみたいです。
ローンチ前の売り方など黒い噂が凄くたくさん出てきましたが上場出来ているのでICOで買った人には
詐欺でなくなったので良かったですね。ただ管理人にはこのコインの特徴というかこの時価総額まで
行ってしまうのにさしたる根拠が見つからないです。

 

これが時価総額がそこそこのものだったら投資に妙味かんじるのですがここまでの時価総額に対しての今現在ADAができていることがあまり詳しく出てこないものでもしできたとしてもリスクに対してのリターンがどんなものかなって感じです。そもそも仮想通貨全般が国に縛られない事なので他の通貨でも出来そうなことですし。ただオンラインカジノ自体の透明性を上げるのは素晴らしいと思います。

 

あくまでも時価総額に対してのリスクリターンが現段階ではよくないという判断です。これから掲げてることが実行できていくと見方は変わるかもですがそれまではアルトコインの先行者の利があっただけの印象です。ホルダーのかたお気を悪くされたらすいません。あくまでも管理人の感想です。

管理人のおススメ度
★☆☆☆☆ 星1つ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。